中丸町どうぶつ病院

TOPページ > 医院・設備紹介

医院・設備紹介

医院紹介

待合室

待合室

広いスペースを確保しております。

診察室

診察室

外光を取り入れた明るい診察室で、問診・身体検査を丁寧に行います。

設備紹介

レントゲン

レントゲン

デジタルレントゲンシステムにより、詳細かつ迅速にX線検査を行うことが可能です。

超音波検査器

超音波検査器

腹部超音波検査以外にも、ドップラー機能を備えた機器により、シニア期に多発する心臓疾患の診断、重症度の評価を行います。また、当院では、心臓疾患の動物に対し、麻酔をかける機会が多くありますが、超音波やX線によって詳細な検査を行い、綿密な麻酔計画を立てています。

内視鏡

内視鏡

当院で最も内視鏡の適用が多い症例は、慢性の下痢や嘔吐です。内視鏡により、胃および小腸、大腸の炎症、または腫瘍に対して、病変の観察と生検を行います。これによって、確定診断ができれば、有効な治療を選択することができます。その他、異物摘出などでも活躍し、動物の負担は大幅に軽減されます。

整形外科用パワーツール

整形外科用パワーツール

骨折、脱臼、椎間板ヘルニアなど、整形外科領域に欠かせない機器です。これらの手術では、非常に緻密な作業を必要とし、動物の大きさ、病変の状態によって、それに見合った道具を使用しなければ、手術を成功に導くことは困難となります。そのため、当院では多様なアタッチメントを取り揃えています。

超音波手術装置(オリンパス社製ソノサージ)

超音波手術装置(オリンパス社製ソノサージ)

超音波振動により血管その他の組織を挟んで凝固切開します。
縫合糸による結紮をせずに血管をシールするため、手術内容にもよりますが、大幅な手術・麻酔時間の短縮につながります。
これによって、手術を受ける動物の負担を軽減します。また、体内に異物(縫合糸)を残しません。

歯科ユニット

歯科ユニット

高性能歯科ユニットの使用により、従来、動物病院で行われていた歯石除去・抜歯以外にも、歯内治療などを実施することが可能です。これにより歯を抜くだけでなく、治療の選択肢を増やすことができます。また、一般的な動物病院で使用されている機器より高性能であるため、複雑な処置にも短時間で対応できます。